新型コロナワクチン接種後にアナフィラキシーの症状

令和3年3月5日新型コロナワクチン接種後にアナフィラキシーとして報告された事例の概要(1例目)

医療機関からの副反応疑いの報告の概要は以下のとおりです。
※詳細は調査中です。

接種5分以内にアナフィラキシーの症状

・30歳代の女性。基礎疾患:有(喘息、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能低下症)
・接種日:3月5日(金)、発生日:3月5日(金)
・報告日:3月5日(金)
接種5分以内に咳がみられ、その後、呼吸が早い、まぶたの腫れ、全身のかゆみ等の症状がみられた。投薬後、症状は改善した。

 

症状の転帰

軽快
 
接種されたワクチンについて

ファイザー株式会社「コミナティ筋注」 ロット番号:EP2163

ワクチン接種との因果関係(報告者の評価)

報告者は、関連ありと報告しています。(他要因の可能性の有無:有(喘息))

専門家の意見

○岡明 薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会長基礎疾患として喘息のある方が、 ワクチン接種後5分以内に咳などの呼吸器症状が出現し、また全身のかゆみやまぶたの腫れなどの症状も認めたことからアナフィラキシーと診断されている。適切な治療で症状は軽快をしたものと考えられる。本ワクチンを含めどのワクチンにもアナフィラキシーをおこす可能性はあり、接種後少なくとも15分以上の観察期間の周知と、アナフィラキシーによる症状が疑われた場合の適切な対応が重要と思われる。詳細な情報を収集し今後の審議会で評価をしていく必要がある。
 
○森尾友宏 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会長
薬や食品などで重いアレルギーの症状(アナフィラキシーなど)を起こした方は、問診票に必ずご記載いただくとともに、接種する施設ではこのような事態に備えて、アナフィラキシーに即時に対処できる体制を整えておくことが重要である。詳細な情報を収集し、また症例を蓄積して、今後の審議会で評価していく必要がある。

 

新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと(PDF:6,130KB)

新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと(PDF:6,130KB)

コメント

タイトルとURLをコピーしました