khibi

対策

より感染力が強い変異株が猛威をふるう中でも生き抜く知恵を身に付けよう

次に流行する細菌やウィルスは新型コロナウィルスとは比較できない毒性が高い疫病かもしれません。しかし、「コロナ禍でも生き抜く賢い生活の在り方(スマートライフ)」を理解して実践すれば、感染経路を絶つことができます。恐ろしい疫病が流行してもあなたやあなたの家族が「生き抜く力」を身に付けましょう。
経過と近況

ファイザー製・モデルナ製ワクチンのどちらを選ぶ

これからワクチン接種の予約をする人は、ファイザー製かモデルナ製のどちらのワクチンを打つかを選択することができます。実は使用するワクチンは、接種を行う会場によって違います。もしあなたがモデルナ製のワクチンを打ちたいと希望しているのであれば、モデルナ製ワクチンを扱っている会場を選ぶ必要があります。
対策

ワクチン接種証明書、26日から交付申請受け付け

海外渡航者向けの新型コロナウイルスのワクチン接種証明書について、全国の市区町村で交付申請の受け付けが始まります。接種証明書を提示すれば、イタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリア、ポーランドで入国時の待機やウイルス検査などの免除・緩和といった優遇措置を受けることができます。
健康生活

ワクチン接種後の生活で気を付けること;日常生活編

副反応が激しく出ることを想定して、できるだけ接種当日や翌日に無理をしないですむように予定を立てておきましょう。ワクチンを受けた当日は、激しい運動や過度の飲酒などは控えましょう。
対策

ワクチン接種後の生活で気を付けること;副反応編:発熱、頭痛等

1回目のワクチン接種でいくらか免疫がつくことで、2回目の接種の方が、免疫反応が起こりやすくなるため、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出やすくなります。不安になる方もいるかも。でも、正しく知れば恐れるほどのことでないことに気がつきます。
対策

新型コロナワクチン 高齢者2回終了60%を超える

新型コロナウイルスのワクチンを少なくとも1回接種した高齢者は、20日時点で全国で2921万1153人で、高齢者全体の82%を超えました。2回接種した高齢者は、20日時点で全国で2128万9629人で、高齢者全体の60%を超えました。
対策

新型コロナ後遺症は、症状の重さや年齢とは無関係

若者や子供にワクチン未接種の人が多くいると、感染の可能性が高くなり、たとえ無症状であったり、軽症であったりしても後遺症に悩む危険性は高いのです。
対策

新型コロナワクチン発熱時の解熱鎮痛剤に最適はカロナール

通常、医師は新型コロナワクチンの副反応対策にカロナール(アセトアミノフェン)系の解熱鎮痛剤を処方するそうです。感染に対する免疫応答を邪魔せずに解熱することができるからです。
対策

新型コロナワクチン 高齢者「1回終了80%」「2回終了54%」

新型コロナウイルスのワクチンを少なくとも1回接種した高齢者は、15日時点で全国で2845万人余りで、高齢者全体の80%を超えました。
経過と近況

ファイザー社ワクチン8月2日と9日の配分について

ファイザー社ワクチン8月2日及び9日の配分等については、令和3年7月12日付け厚生労働省健康局健康課予防接種室事務連絡で各都道府県に対して連絡がありました。
対策

7月11日(日)までの職域接種の接種実績

・接種回数:合計3,411,585回(報告があった会場数:1,827会場)  ※各職域接種会場からワクチン接種円滑化システム(V-SYS)に報告されたもの。
対策

ファイザー社ワクチン7月19日及び26日の配分等について

ファイザー社ワクチン7月19日及び26日の配分等については、令和3年7月1日付け厚生労働省健康局健康課予防接種室事務連絡で各都道府県に対して連絡がありました。
タイトルとURLをコピーしました