対策

対策

藤勝信厚生労働相、記者会見で「ゾコーバの審査を速やかに進めたい」と述べる

加藤勝信厚生労働相は30日の閣議後の記者会見で、塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルス飲み薬「ゾコーバ」について「医薬品医療機器総合機構において速やかに審査を進めたい」と述べました。
対策

政府がコロナ水際対策緩、入国者数上限5万人

政府が早ければ来月中にも、1日の入国者数の上限を現在の2万人から5万人に緩和する方向で調整していると複数の政府関係者が話しました。
対策

政府、入国や帰国時の新型コロナ検査を免除する方向で検討

政府は、日本への入国や帰国時に求めている72時間以内の新型コロナ検査を免除する方向で検討に入りました。
対策

死亡者がこのまま増えると“6波を超える心配がある”

新型コロナウイルスの感染状況は、全国の感染者は減少傾向に転じたものの、死亡者は増えていて、今後、第6波のピークを超えることも懸念されると指摘しました。
対策

第7波もピークを過ぎたが、症状やダメージはウィルスが減少し始めたころにより強く表れる

新型コロナウィルスの増殖がピークを過ぎても、まだウィルスは残っておりダメージは蓄積されるため、症状やダメージはウィルスが減少し始めたころにより強く表れます。しかし、対策をしウィルスをよりはやく減少させることで、ダメージを少なくすることができ、より確実に回復したり、ダメージをいつまでも残したりしないで済むようになります。
対策

「BA.5」に感染してできた免疫は、「BA.2.75」に効きにくい 東大発表

新型コロナウイルスの変異株である「BA.2.75」は、「BA.5」に感染してできた免疫が効きにくいとする動物実験の結果を、東京大学などのグループが公表しました。
対策

新型コロナ オミクロン株BA.5の特徴、年齢が低い人ほど発熱する

オミクロン株であるBA.5でも、旧オミクロン株と変わりはなく鼻水やのどの痛みの症状が多いようです。風邪の症状に近づいてきています。また、年齢が低いほど発熱します。
対策

助けられる命であれば助けたい、塩野義経口薬「ゾコーバ」「BA.2.75」に高い抗ウイルス活性

若い人が新型コロナに感染し死亡するニュースを耳にすることは、悲しく辛いものです。助けられる命であれば助かってほしいと強く思います。また、助けることが出来る手段があるにも関わらず、助けることをしなかったとしたら怒りを覚えます。
対策

米FDA、塩野義製薬の飲むコロナ治療剤「ゾコーバ」がほしいと要請

米国食品医薬品局(FDA)は、独自の臨床試験ができるように薬を提供してほしいと塩野義側に要請したことが分かりました。
対策

塩野義製薬が開発した新型コロナの飲み薬「ゾコーバ」、「BA.2.75」にも有効を確認

塩野義製薬は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として開発中の経口抗ウイルス薬エンシトレルビル フマル酸(開発番号:S-217622、以下、「ゾコーバ」)について、これまでに検出された変異株と同様にオミクロン株の亜種(BA.2.75系統)に対する高い抗ウイルス活性を有することを非臨床試験において確認たと発表しました。さらに、オミクロン株の感染者に対する試験では、重い副作用は見られなかったとしています。
対策

乳幼児のいる家庭で家族全員感染、県に連絡できずサービスの提供を受けられず

新型コロナウィルスの変異はワクチン開発よりもはやいのです。日本の医療・薬事行政はアメリカンファーストだから、役立たずな古い製品の在庫整理を日本で行っているかの状態です。
対策

新型コロナに「再感染」すると体にダメージが蓄積され死亡率が上がる

感染回数が増えるごとに単純に死亡率が高まる。再感染によって、糖尿病、慢性疲労、新型コロナ後遺症などの病気や、心臓疾患、血液疾患、脳疾患による健康リスクが発生する割合も増える。
タイトルとURLをコピーしました