新型コロナウィルス感染症

健康生活

新型コロナウイルス感染症の後遺症について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかった後、ほとんどの方は時間経過とともに症状が改善します。一部の方で、症状がいつまでも続くという後遺症で苦しむ人もいます。新型コロナに感染後、いつまでもこれらの症状が改善せず続く場合には、かかりつけ医等や地域の医療機関に相談しましょう。
健康生活

新型コロナウイルス 沖縄で感染急拡大

沖縄県内の新型コロナウイルス感染状況は、8週連続で増加しています。年齢別では60歳以上の感染が38.2%と最も多く、次いで50~59歳が10.4%、30~39歳が9.8%の順となっています。換気しない室内で人と接する機会の多い年代が最も多く感染していると言えます。
新型コロナウィルス感染症

上皇后美智子さまが新型コロナに感染

宮内庁は3日午後上皇后美智子さまが新型コロナウイルスに感染されことを発表しました。
新型コロナウィルス感染症

新型コロナウイルス感染症に感染した場合どうしたらいいの?

新型コロナ患者や濃厚接触者に対して、感染症法に基づく外出自粛は求められなくなります。外出を控えるかどうかは、個人の判断に委ねられます。
新型コロナウィルス感染症

新型コロナウィルスの抗体を日本人の6割超が保有ことが判明

厚生労働省が3月に行った調査で、新型コロナウイルスの抗体を持つ人の割合が、6割を超えたことが分かりました。1月に行った調査(58・8%)より5・7ポイント上昇しました。
新型コロナウィルス感染症

塩野義製薬の新型コロナワクチンが正式承認へ

厚生労働省の専門家の部会は、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、24日有効性が確認でき、安全性も問題ないとして、使用することを了承しました。
新型コロナウィルス感染症

世界の平均寿命、新型コロナが原因でおよそ2歳短かくなる 

世界保健機関(WHO)が、新型コロナウイルスが流行した2019~21年に世界の平均寿命(出生時平均余命)は2年近く短くなったとする調査結果を発表しました。
新型コロナウィルス感染症

治療費が有料化されたので、治療が高額になる重症化リスクの高い人は、絶対に新型コロナに感染したくない

新型コロナウイルス感染症の位置づけは、これまで、「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」としていましたが、令和5年5月8日から「5類感染症」になりました。周囲の方や事業者におかれても、個人の主体的な判断が尊重されるよう、配慮をお願いします。
新型コロナウィルス感染症

新型コロナの変異ウイルス「FLiRT(フラート)」とは

アメリカで、かつて大流行したオミクロン株の亜系統が広がっています。この新しいウイルスは、「FLiRT(フラート)」と総称されています。この夏には、日本でも流行すると予想されています。そこで、「FLiRT(フラート)」についてちょっとだけ知っておきましょう。 FLiRT変異株とは、KP.2とKP.1.1の総称。これらは、子孫株です。「FLiRT」という名前は、スパイクタンパク質における変異の位置から名付けられたものです。
新型コロナウィルス感染症

新型コロナウイルス感染症の治療薬ゾコーバ

ゾコーバは、北海道大学と塩野義製薬の共同研究で開発された、新型コロナウイルス感染症治療薬です。新型コロナウィルスの増殖を抑え、ウィルスによって起きる様々な症状を抑える効果があります。感染から3日以内に飲めば、はやく楽になりつらい思いをしなくていいです。また、後遺症が出なくなる可能性が高くなります。
新型コロナウィルス感染症

初の国産ワクチン第一三共コロナワクチンを了承 「レプリコンワクチン」も初の了承

初の国産ワクチン第一三共コロナワクチンを了承 厚生労働省の専門部会は、第一三共が開発した新型コロナワクチンについて、国内で承認することを認めました。第一三共のワクチンは、「メッセンジャーRNA」タイプのワクチンで、オミクロン株の一種である「...
対策

塩野義製薬新型コロナ経口治療薬ゾコーバ、韓国で承認申請受理 

塩野義製薬株式会社は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬エンシトレルビル フマル酸(日本での製品名:ゾコーバ開発番号:S-217622、以下「エンシトレルビル」)について、提携先であるイルドンが「SARS-CoV-2による感染症」を適応として、食品医薬品安全処(Ministry of Food and Drug Safety; 以下「MFDS」)に新薬の条件付き製造販売承認申請を行い受理されたことを確認したと発表しました。