新型コロナウィルス感染症

対策

より感染力が強い変異株が猛威をふるう中でも生き抜く知恵を身に付けよう

次に流行する細菌やウィルスは新型コロナウィルスとは比較できない毒性が高い疫病かもしれません。しかし、「コロナ禍でも生き抜く賢い生活の在り方(スマートライフ)」を理解して実践すれば、感染経路を絶つことができます。恐ろしい疫病が流行してもあなたやあなたの家族が「生き抜く力」を身に付けましょう。
対策

新型コロナ後遺症は、症状の重さや年齢とは無関係

若者や子供にワクチン未接種の人が多くいると、感染の可能性が高くなり、たとえ無症状であったり、軽症であったりしても後遺症に悩む危険性は高いのです。
対策

「ワクチンパスポート」今月26日から申請受け付けへ

新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを証明する「ワクチンパスポート」について、加藤官房長官は午前の記者会見で、今月26日から各市区町村で申請の受け付けを開始すると正式に発表しました。
対策

「抗体カクテル療法」厚労省が月内にも承認へ

厚生労働省は、新型コロナウイルスの軽症用などの治療薬として“抗体カクテル療法”を月内にも承認する方針です。
新型コロナウィルス感染症

東京都で10歳未満の重症患者

東京都の基準で集計した重症の患者は、55人(-6)で新型コロナウィルス感染者のうち重症化する人の割合は全体の0.7%です。本日は10歳未満の重症患者が出てしまいました。デルタ株の影響で、若者の重症患者が増えてきています。
対策

ワクチンを接種した後に新型コロナに感染

長期間の自粛生活に疲れている国民は多く、接種を受ければ、これまで控えていたコロナ以前の生活が送れると期待する人が多いようです。しかし、厚労省は接種後の行動について「基本的に接種前と同様にしてほしい」と求めている。接種後に陽性になる例が全国で確認されているからです。
新型コロナウィルス感染症

患者の約半数が若い世代 新型コロナ後遺症

PCR検査で「陽性」と判定されても、若者の大半は軽症か無症状で済みます。「大した病気ではない。」と若者は高をくくっているいる人が多いですが、そこにとんでもない落とし穴があるのです。新型コロナ後遺症で苦しみ、病院や医院へ通う患者の半数以上が10歳代から30歳代の若い世代なのです。
対策

子どもに多い新型コロナ後遺症

「ロングコービッド(long COVID)」と呼ばれる新型コロナ後遺症は、感染からかなりの時間が経過しても残るさまざまな症状です。若者の患者と同様に、子どもの新型コロナ後遺症は、感染して中等症以上になった場合だけでなく、軽症や無症状だった場合にも見られます。
対策

子どもや健康上の都合でワクチン接種が出来ない人達を守る

12歳以下のお子さんや健康上の都合でワクチンを接種できない人もいます。ここでは、家族や同僚・友達にワクチンを接種できない方がいる時に、どのようにこの人たちを新型コロナウィルスから守るか考えていきたいと思います。
新型コロナウィルス感染症

新型コロナ「武漢研究所で人工的に作られた説」ますます濃厚に

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が「、武漢ウイルス研究所からウイルスが流出した可能性を承知しながら「意図的に隠蔽した」疑惑が高まっているます。
新型コロナウィルス感染症

ロシア 新型コロナ感染再拡大

ロシアの新型コロナウイルスの感染者数は去年の年末以降、減少傾向が続いていましたが、今月に入って再び増加に転じ、12日に確認された新たな感染者数はことし2月以来4か月ぶりに1万3000人を超えました。
新型コロナウィルス感染症

中国の軍の科学者、昨年2月に新型コロナワクチンの特許出願

中国軍所属の科学者が新型コロナウイルスの世界的パンデミックが宣言される前の昨年2月に新型コロナウイルスワクチンの特許を出願したとの報道があります。
タイトルとURLをコピーしました