経過と近況

対策

ファイザー製新型コロナ飲み薬「パキロビッド」を承認

米ファイザー製新型コロナウイルス感染症の飲み薬「パキロビッドパック」を特例承認 厚生労働省は10日、米ファイザーが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「パキロビッドパック」を特例承認した。 「パキロビッドパック」はアメリカ...
経過と近況

コロナワクチン、5-11歳の接種開始へ

厚生労働省は2022年1月21日、5~11歳の子供に接種できるファイザー製の新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注5~11歳用」について、特例承認を行ったと発表しました。
経過と近況

感染不安を感じたら新型コロナウイルス感染症の無料PCR検査を受けることができます

オミクロン株の感染拡大が進んでいます。オミクロン株は風邪の症状と非常に似ている為、風邪の症状を感じると新型コロナウィルス感染症に感染していないか不安になる人もいます。お住いの地域でも既に「無料のPCR検査」が始まっていますので不安を感じた人は受けてみるのも手です。
経過と近況

3回目のワクチン接種後の生活で気を付けること;副反応:発熱、頭痛等

3回目のワクチン接種では、2回目の接種と同等の、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出ると言われています。不安になる方もいるかも。でも、正しく知れば恐れるほどのことでないことに気がつきます。
経過と近況

「風邪かな?」を感じたらどうするの?

少しでも体調に異変を感じ、「風邪かな?」と思ったら、すぐ電話で相談しましょう。あなたの早めの行動が、家族や同僚、みんなを守ります。コロナ禍でも必要な受診は確実に受けましょう。
経過と近況

新型コロナ 全国で4475人感染確認

1月6日は、全国で4475人の感染が発表されています。特に、感染者が多い都道府県は、東京都641人、大阪府505人、沖縄県981人、山口県181人、広島県273人となっています。
経過と近況

テレビで死亡者が増加していると煽る報道を鵜呑みにしていけない

9月17日の夜、テレビのニュースで東京都の感染確認者数が882名と減少したが、死亡した人が25名と死亡者が増加していると報道していました。死亡者が増加していると言う報道内容には問題点がありますので、テレビの恐怖を煽る報道を鵜呑みにしてはいけません。
対策

綾瀬はるかさんは新型コロナに感染していても検査で3度も陰性と判定されていた

女優・綾瀬はるかさんが感染した新型コロナウィルスは、「デルタ株」である可能性は高いです。「デルタ株」であったとすると3回も「偽陰性」判定が出るとは考えられません。なぜなら、デルタ株はウィルスの増殖が従来株よりも1000倍以上であると言われているからです。
経過と近況

ワクチンデルタ株にも有効!2回接種後の感染は激減、感染は0.4%、重症・死亡者なし

大阪府は18日、今年3月以降の新型コロナの新規陽性者約8万5000人を分析したところワクチンを2回接種して14日以降に発症した人で、死亡や重症化したケースがゼロだったと明らかにしました。府は「ワクチンの効果が期待できる」としています。
対策

ワクチン接種で死亡者は激減、日本の対策は死亡者を減らす点においては成功している

国内の新型コロナによる死亡者数は、6月当初から7月にかけて5分の1程度に激減し、8月に入り微増しています。6月当初から7月にかけて5分の1程度に激減 した理由は、高齢者のワクチン接種が進み、高齢者で感染し重症化する人が減ったからです。
新型コロナウィルス感染症

ワクチン接種が1億回を超え、新型コロナが単なる風邪になりつつある

国民の65~75%以上がワクチン接種を完了すれば、コロナの流行は治まると言われています。コロナ以前の日常を取り戻すために、「接種券」が届いたらどなたも積極的にワクチンを打つようにしてください。
経過と近況

ファイザー製・モデルナ製ワクチンのどちらを選ぶ

これからワクチン接種の予約をする人は、ファイザー製かモデルナ製のどちらのワクチンを打つかを選択することができます。実は使用するワクチンは、接種を行う会場によって違います。もしあなたがモデルナ製のワクチンを打ちたいと希望しているのであれば、モデルナ製ワクチンを扱っている会場を選ぶ必要があります。
タイトルとURLをコピーしました