7月10日新型コロナウィルス感染症の状況

投稿者: | 2020年7月10日

本日までの新型コロナウイルス感染症に関する状況を簡単にまとめます。

新型コロナウイルス感染症の発生状況

2020年 7月10日 
国内感染者2万768人 死亡者982人
海外感染者1204万1795人 死亡者54万9468人

国内

全国

東京都で224人、大阪府で30人、神奈川県で25人、空港の検疫で5人など全国で合わせて355人の感染が発表されています。

大阪府30人。神奈川県25人。千葉県と埼玉県各22人

・船橋市、小学校児童1人感染。10~17日の8日間、臨時休校

東京都224人。

・20、30代が169人で7割以上
・4人が接待を伴う飲食店など「夜の街」で感染
・104人は感染経路が不明
・無症状者は24人で、残る200人には何らかの症状がある

PCR検査を増やしても感染者を減らすことはない

実際の感染者は検査で判明した人の10倍はいと仮定すると、300人の感染者の確認がされた日には、3000人以上の感染者がいることになります。300人の感染者が発見され、2700人は病気に気がつかないで市中感染を広めていることになる。

感染者が見つかったら濃厚接触者を見つけ、検査をし感染者を見つけ出すことは有効な手段ですが、それだけで完全に感染者を見つけ出すことはできません。

検査拡大だけでは、何も感染対策になっていないし、ならないことに気がつくべきです。

「新しい生活様式」の実践が大切

手洗い、人と2mの距離を置く、消毒、室内の換気等に気を付けていればそんなに感染するものではありません。「新しい生活様式」を実践していればかなりの確率で感染を防ぐことができます。

今、感染が判明している人の多くは、感染者との濃厚接触をしてしまった人です。感染対策を忘れていた人です。

ワクチンを期待するよりも「新しい生活様式」を実践することの方が現実的であります。

また、目に見えないウィルスとはいつ遭遇するか分かりません。新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をスマホにインストールし、万が一に備えましょう。

海外

世界全体で1204万1795人となり、1200万人を超えました。また、亡くなった人は54万9468人となっています。

・メキシコでは8日、新規感染者が6995人と過去最多を更新。

アメリカで新型コロナウイルスの感染が確認された人数は300万人を超えた。アメリカの死者数は13万2000人を超えた。
・米フロリダ州で新型コロナウイルスの新規入院患者と1日の死者数が、いずれも過去最多を記録した。死者は9日、新たに120人(前日は48人)が報告され、合計4009人となった。新規感染者は前日比で4%増(7日平均は5%増)。入院患者は409人増えて1万7167人となった。
・アリゾナ州の新規感染者数は4057人と、6日ぶりの大幅増となった。

対策

東京都、中小企業への支援策など総額3132億円の補正予算

東京都は9日、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業への支援策など総額3132億円の令和2年度補正予算案を発表した。最前線で活躍した医療従事者や医療機関への支援に計1033億円を計上した。

WHOの対応を検証するための独立パネルを設置

(WHO)は、新型コロナウイルス感染拡大へのWHOの対応、および各国政府の対応を検証するための独立パネルを設置すると発表した。 WHOのテドロス事務局長によると、ニュージーランドのヘレン・クラーク元首相とリベリアのエレン・サーリーフ前大統領が新設されるパネルを率いることで合意。メンバーの選定に着手する。

葬儀の簡素化が進んでいる

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、葬儀の簡素化が進んでいる。

7月10日新型コロナウィルス感染症の状況」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)