肺炎が進行していないか心配になったらパルスオキシメーター

健康生活
3d coronavirus infection spread covid-19 pandemic background

 

 みなさんの中に高熱が出て医院に行ってインフルエンザの検査を受け「陰性」と判定されたが、熱が下がらず再度医院で検査を受けると「陽性」であることが分かったという経験はありませんか。

 インフルエンザの検査は発病したばかりの時には「陽性」になりづらくまちがって「陰性」と判定されてしまうのです。また、こうしたウィルス検査は、本当に感染していても、必ず陽性になるわけではないのです。検査は百発百中というわけではありません。検査の結果だけをみて感染しているかどうかを診断してしまうのは非常に危険なのです。

 

このグラフはインフルエンザと新型コロナウィルス感染症のウィルスが体内で増殖する変化を表したグラフです。

 インフルエンザは、感染し発症するとウィルスが急激に増えます。インフルエンザの検査は、発病から12時間以上たってから行うべき検査ですので、それ以前に行うとより誤判定は起きやすくなります。

 

 インフルエンザに対して新型コロナウィルスの場合、発病後10日から11日後に行うべき検査なのです。それ以前に検査して、正しい検査結果を出すことは難しいのです。
「肺炎が進行していないか心配」
「早めに治療しないと重症化する」
等の理由でPCR検査をしてほしいと考える人がいますが、これは間違いです。初期の段階でPCR検査をして「陰性」と判定されてしまったら入院もできず、治療もしてくれませんよ。

 

肺炎症状が出ているのに、息切れを感じない

 現場では、PCR検査よりもCTの方が感度が高いと言われています。別な病気の疑いでCTスキャンを撮ったら新型コロナウィルスが判明したという事例は多くあります。

  1. 肩を怪我した患者が来て、傷が肺に届いていないかを確認するためにレントゲンを撮ったら肺炎だった。
  2. 転倒してケガをしたということでCTスキャンを撮った患者から肺炎が見つかった。
  3. 原因不明で失神した高齢者、多くの糖尿病患者も新型コロナに感染していた。

 肺炎とは全く自覚症状がない患者が、偶然CTを取ったことで新型コロナウィルスに感染していることが分かることが多くあるのです。

 さらに大変なことに、CTを偶然にとって感染していることがはじめて分かったのにも関わらず、肺炎がすごく進行しているのです。新型コロナウィルス感染症では、患者には自覚がなくても、肺炎はひどく進行していることがよくあるのです。異変を感じ病院にやってきたときにはもう、最終的に人工呼吸器が必要となる患者が多くいるとのことです。

 アメリカでは人工呼吸器が必要となった患者の8割は死亡していますので、これは大変なことです。何とか肺がおかされていないかはやく分かる方法はないでしょうか。

 

パルスオキシメーター 血中酸素濃度測定器

 血液の中の酸素の濃度を測る『パルスオキシメーター』という機械があります。健康な人は95%以上ですが、肺炎になると90%未満になります。

 この測定器を使えば、新型コロナウィルスに感染して肺がおかされているか簡単に分かるのです。

 

新型コロナ肺炎に関連した呼吸障害を早期に発見できるのです。高齢者や基礎疾患のある人は自宅に用意しておいてもいいかもしれません

 ただし、自宅で使う場合は測定した数値を誤解し不必要に救急車を呼ぶことは避けたいです。呼吸系の既往症のある方は、値が変わってきますので、かかりつけの医師に相談してどの値が出たら危険か事前に相談しておきましょう。

 パルスオキシメーターがなくても、立ち上がったときや洗濯物を干す、トイレへ行くといった日常動作だけでハアハア息が上がるようになると、重要なサインとなります。心配な方は、ちょっと長い階段を上ってみるといいです。


[5月下旬頃発送]【医療機器認証商品】パルスオキシメーター 心拍計 脈拍 血中酸素濃度計 spo2 ナース 医療用 ドリテック 看護 家庭用 在宅医療 登山 OX-101 ホワイト 送料無料

 もっと製品を見てみたい➡➡➡ 楽天 |アマゾン

コメント

  1. […] 1 新型コロナウィルスの初期の症状2 肺炎が進行していないか心配3 新型コロナウィルスに感染しているか心配4 家族に感染者がいる場合の注意事項 […]

タイトルとURLをコピーしました