CAPOX療法における副作用;口内炎対策

投稿者: | 2021年2月6日

 

口内炎を防ぐために気を付けること

口内炎の原因としては、

  1. 抗がん剤治療の薬が、直接口の中の粘膜に作用するために起きる口内炎
  2. 抗がん剤治療による骨髄抑制で白血球が減って感染を起こすために起きる口内炎

の2種類の原因で起きます。口内炎があると、食欲の低下、味覚の変化、食事がしみる、食事が飲み込みにくいなどの症状がでることがあります。

口内炎を起こさない対策として、

  1. 口の中を綺麗に保つ
  2. 栄養を取る
  3. 口内炎ができたら痛みを和らげる

等の対策が必要です。

口の中をきれいに保つ

口の中には、もともとたくさんの雑菌(細菌)が存在します。本来なら、唾液が自然と口の中をきれいにしてくれたり、歯磨きやうがいで口やのどをきれいにしたりしています。
口内炎に対しては、まず口の中をきれいにすることが大切ですが、治療により口の中やのどの粘膜がただれて痛み、歯磨きが十分にできなくなったりすると、口の中の雑菌が増え、感染症や口内炎ができたところに細菌がつき、更に症状を悪化させたりします。
食事の前後に歯磨きをし、口の中をいつもきれいに保つよう、心がけましょう。また、清浄作用や粘膜保護作用のあるうがい薬などを使用してもよいでしょう。

私が、病院で進められたことは、2時間おきに水道水でぶくぶくうがいをすることです。口の中の菌は2時間で増殖する為に、2時間ごとにうがいをすることで雑菌を口の中から取り除くことができます。お手洗いに行ったら、手洗いと同時に水道水でうがいをすることをお勧めします。

日常生活で気を付けることとしては、

  1. 1回の食事の量を減らす。
  2. よく噛んで口の中で食べ物を消化するぐらいの気持ちになって食べる。
  3. 水分を多くとる。1日1リットル以上。
  4. 2時間ごとに水道水でうがいをする。ぐちゅぐちゅうがい。(口の中の細菌は2時間で増殖するため、うがいで菌を出す)
  5. 柔らかい歯みがきで軽く歯を丁寧に磨く。
  6. 口の中を清潔に保つ。

などがあります。気を付けていて口内炎が出来てしまった場合、以下のようなことに心がけてください。

栄養をできるだけとる

口内炎があると、痛みであまりかまずに飲み込んでしまいがちです。食事はできるだけやわらかく調理し、細かく刻んだり、ミキサーにかけたり工夫して、食べるようにしましょう。また、市販のスポーツ飲料や高カロリー飲料などを利用してもよいでしょう。

栄養補助食品の利用

 

食事に対する基本的姿勢としては、「食べられる時に食べられるものを」ですが、口内炎がひどく食事があまりできない時は、濃厚流動食(バランス栄養飲料)や栄養補助食品などを利用し、栄養状態を維持・向上するとよいでしょう。

痛みをやわらげる

痛みが強ければ、痛みをやわらげる軟膏やうがい薬を使用する場合もありますので、担当医や看護師に相談してください。

注射部位反応について

注射部位反応とは、オキサリプラチンの点滴の為に針をさした部分、およそ20cmのあたりがしびれたり、痛みを感じたりすることです。これはほぼ全員に起きるそうです。

防ぐことはできませんが、2・3日で気にならない程度におさまります。完全に痺れがなくなるには1週間程度かかりますが、日にち薬で済みます。

CAPOX療法における副作用;口内炎対策」への8件のフィードバック

  1. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン目の初日の副作用について – 新型コロナウィルス

  2. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン2日目の副作用について – 新型コロナウィルス

  3. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン3日目の副作用について – 新型コロナウィルス

  4. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン5日目の副作用について – 新型コロナウィルス

  5. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン4日目の副作用について – 新型コロナウィルス

  6. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン11日目の副作用 – 新型コロナウィルス

  7. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン10日目の副作用について – 新型コロナウィルス

  8. ピンバック: 術後補助化学療法;2ターン9日目の副作用について – 新型コロナウィルス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)