免疫の仕組み

健康生活

もしあなたに病気に対する抵抗力があれば、ウィルスが侵入してきても発病しなかったり、発病したとしても軽症で済んだりします。免疫について少しだけ勉強して、新型コロナウィルスに対する知的武装をしてこの危機を乗り切りましょう。

免疫とは? 

 免疫はウィルスや病原菌から体を守り戦う「抵抗力」です。体には「防御」と「攻撃」の2つの免疫の仕組みがあります。

2つの免疫の仕組み

  1. 防御;ウイルスや細菌(=敵)を侵入させない
  2. 攻撃;侵入した敵と戦う

 の2段階があります。免疫は、誰もが生まれつき備わっています。

 防御=「粘膜免疫」

 ウイルスや細菌、花粉などの“ 異物” が絶えず体内に侵入しようとします。これらの異物を“ 侵入” させないように私たちの体を守っているのが「粘膜免疫」です。

粘膜免疫が働く場所は、

  1. 腸管

 などの粘膜です。

 ここで異物が粘膜を介して体内に入るのを防ぎ、体外に出してしまうことで感染を防ぎます。

「粘膜免疫」で外からの侵入を防ぐ
 目、鼻、口、腸管、膣、尿路など、粘膜は、病原体の最初の侵入口になります。侵入してきた異物から体を守るために、粘膜組織には外敵を排除する防御システムが備わっています。中でも「腸」は、最も重要な免疫器官です。

理化学研究所ヘルパーT細胞がキラー様T細胞へ変化-
免疫細胞の環境適応能力に通説を覆す新たな視点-

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました