新型コロナウィルスに対する積極的な対策

健康生活

積極的な対策と消極的対策

健康と言う観点からすると、疫病対策には消極的な対策と積極的な対策があります。病気に感染してしまってから事後対策に追われる、治療的、対象療法的な対策を消極的対策と言います。

一方、日ごろから健康的な生活に心がけ、感染の未然防止にむけた予防的な対策を積極的な対策と言います。

検査・治療・ロックダウン等が華やかな対策に見えますが、検査対象がない方がいいですし、感染者を減らし病院へ通い入院する患者を少なくすることの方が大切なのです。

 

積極的対策

「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」などの基本的な感染対策を行うことをより一層推進し、さらに、積極的疫学調査等によりクラスター(患者間の関連が認められた集団。以下「クラスター」という。)の発生を抑えることが、いわゆるオーバーシュートと呼ばれる爆発的な感染拡大(以下「オーバーシュート」という。)の発生を防止し、感染者、重症者及び死亡者の発生を最小限に食い止めることが重要です。

また、必要に応じ、外出自粛の要請等の接触機会の低減を組み合わせて実施することにより、感染拡大の速度を可能な限り抑制することが、上記の封じ込めを図るためにも、また、医療提供体制を崩壊させないためにも、重要です。

 

消極的な対策に目を奪われる

日本はPCR検査が少ないのに死亡者数が少ない。感染者素や死亡者数をごまかしているのではないかと言う人がいます。

日本の「積極的な疫病対策」に全く気がついていない人です。

「検査・検査」でPCR検査を徹底したから感染者を押さえることが出来たというパーフォーマンスが素晴らしく見えるようでは何をすべきかを見失っているのです。

対策で政府の金が動けば、ハイエナが群がります。対策を名目に権力と利権、ペテン師が行脚するようでは本末転倒です。巨額な税金がばらまかれ「新型コロナ成金」が世界中に誕生しているのは悲しいことです。

健康的なライフスタイルを身に付けよう

国民一人一人が、自分の健康は自分で守ることを自覚することが大切です。

新型コロナウィルスと同居しなくていけない間は「新しい生活様式」を習慣化し常に実践できるようにすることが最も大切なのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました