新型コロナの後遺症Q&A

投稿者: | 2021年2月2日

 

【参考】新型コロナの後遺症Q&A どんな症状がどれくらい続くのか(2021年1月) より詳しくはこちらのサイトをご覧ください。 

新型コロナの後遺症とは?

新型コロナに感染した人のうち回復した後も数週〜数ヶ月間様々な症状が続く方がいます。

これらは海外では「LONG COVID」「Post COVID」などと呼ばれていますが、日本国内では「後遺症」と呼ばれることが多いため、ここでも新型コロナ後遺症という表現を使います。

新型コロナ後遺症は、4つの病態が複合的に絡み合った病態ではないか、ということが分かってきました。

  1. 肺、心臓への恒久的障害
  2. 集中治療後症候群(post intensive care syndrome:PICS)
  3. ウイルス後疲労症候群(post-viral fatigue syndrome)
  4. 持続する新型コロナの症状

後遺症ではどんな症状がみられるか?

新型コロナ後遺症として頻度が高い症状には、

  1. 倦怠感:15~87%
  2. – 息苦しさ:10~71%
  3. – 胸の痛みや違和感:12~44%
  4. – 咳:17~26%

などです。
これ以外にも、嗅覚障害、関節痛、頭痛、目や口の乾燥、鼻炎、味覚障害、食欲低下、めまい、筋肉痛、不眠症、脱毛、発汗、下痢、精神機能障害・認知機能障害などの症状が後遺症として報告されてます。

新型コロナウイルスに感染した際に初期に現れる傾向にある味覚障害や嗅覚障害も新型コロナウイルスが治癒した後でも続く傾向があると報告されています。これは、新型コロナウイルスに感染したことによって味覚や嗅覚を司る神経や細胞が破壊され、それが修復されるまでに時間を要するためと考えられています。

精神機能障害・認知機能障害の後遺症とは?

新型コロナから回復した人の中には、精神機能障害・認知機能障害として

  1. 心的外傷後ストレス障害(PTSD):24%
  2. – 記憶障害:18-34%
  3. – 集中力低下:16-28%
  4. – 不安・抑うつ:22%
  5. – 不眠症:31%

などの症状がみられたという報告があります。これらの症状は、特に集中治療室(ICU)に入室した患者で頻度が高いようであり、集中治療後症候群(PICS)によるものと考えられます。

後遺症が出やすい人?

後遺症がみられやすい人の特徴として、

  1. – 重症だった人
  2. – 高齢者
  3. – 女性
  4. – 肥満

などが挙げられています。

新型コロナウイルス感染後の後遺症は高齢者だけでなく10代、20代の若年層も悩まされることがあり、老若男女問わずに注意しておきたいものであると言えるでしょう。

軽症だった人には後遺症はみられない?

軽症だった人でも後遺症が問題になることがあります。

また脱毛症も、軽症例でも現れることがあり、発症から1ヶ月くらい経過してから出現し、4ヶ月後くらいに落ち着いてきます。

後遺症の症状はどれくらい続く?

新型コロナ後遺症の症状によって持続期間も異なるようです。長い物で半年間ぐらい続く人もいるとのこと。

半年経過した今も戻らないのが…。  嗅覚の異常。それは「においがしなくなる」というだけではありませんでした。しないはずのにおいを感じることもあるというのです。後遺症を完璧に予防する方法はありません。

後遺症を予防するためには?

新型コロナ後遺症を防ぐためには、新型コロナに感染しないようにするしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)