癌もステルスに進行する

投稿者: | 2020年12月16日

 

健康検診で大便にヘモグロビン検出

このサイトの管理人のhsubuです。私は、今までの生涯ずっと人一倍健康で運動もよくしてきました。

職場でも近所の人も「良く働くね」といつもおだてられるぐらいです。

しかし、今年10月に行った健康診断で大腸の検査でヘモグロビンが検出されました。

何の症状もないので、偽陽性と思い込み近くの病院へ行き大腸CTをとりました。

 

医師や看護師の様子から事態をやっと認識

検査結果を聞きに病院へ行き、部屋に入ると先生の第一声が「今すぐ手術ができる大きな病院へ行きなさい」とおっしゃいました。リンパ転移の疑いがあり、癌が進行し、体の別のところに転移している恐れがあると考えられたのでしょう。

一通り検査結果の説明があった後、行きたい病院を聞かれたので、いつも人間ドックを受けている病院を指定しました。

看護師が来て、「本日今すぐに次の病院に行ってください。本来ならその病院は緊急の受付を行わないですが、こちらから電話を入れましたので、受付へ行けば見てもらえます」と説明しました。

すぐに会計へ行きましたが、会計へ行く時もわざわざ付き添ってくれました。

医師や看護師の様子から事態をやっと認識しました。癌が進行している恐れがあるのです。

 

癌もステルスに進行するから恐ろしい

このブログを書いている今現在、検査入院中の2日目です。

1日目に、心臓、肺活量、心電図、採血等を行い、腰から上を造影剤いれてCTを撮りました。夕方には主治医の先生が病室に来て、「前の病院のCTには肝臓にぽつぽつと映っていたが、造影剤を入れてしらべたら癌ではなかった。肺も異常なし。転移がなくてよかった」と教えてくれました。

それを聞いて私も少し安心しました。

私は入院中の今現在もとっても元気です。検査さえ受けなければ、自分は全く健康と思い込んでいたことでしょう。

新型コロナも癌もステルス機能を持っており、本当に恐ろしい病気です。私の場合、検査で見つからなかったら気がつくときには全身に癌が転移していたことでしょう。

まだ胃カメラと大腸CTの検査が残っていますが、手術は大腸に留まりそうです。手術後は抗がん剤治療に入ると思いますが、まだ元気で長生きをします。

12月18日リンパ腫陰性

悪性のリンパ腫のおそれがあると内科の先生が仰るので大学病院で検査してもらったら、陰性でした。予定道理、癌と周りのリンパを切除する手術を1月6日に行うことになりました。

抗がん剤治療の効果は10%程度と主治医の先生が仰るのですが、詳しい方教えていただくと助かります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)