感染者に協力義務づける条例の素案 “拒否で罰則” 福岡県議会

投稿者: | 2020年11月25日

 

新型コロナウイルスなどの感染症対策の指針となる条例案の素案を福岡県議会の主要会派がまとめました。 

感染者に、感染経路などの調査への協力を義務づけ、拒否した場合、罰則を科すことなどが盛り込まれ、26日からパブリックコメントを行って一般から意見を募ることにしています。

条例案の素案では、新型コロナウイルスなど新たな感染症が発生した場合、県独自の「警報」や「特別警戒宣言」を発令し、県民や事業者に感染対策の順守を求めるとしています。

そのうえで、感染が判明した人には県などの調査に対し、原因となった可能性がある行動や感染経路の特定に必要な情報の報告を義務づけ、拒否したり、虚偽の報告を行ったりした場合は5万円以下の過料を科すとしています。

【参考】感染者に協力義務づける条例の素案 “拒否で罰則” 福岡県議会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)