新型コロナ、感染リスクの高い場所は、飲食店やジム、ホテル

投稿者: | 2020年11月13日

 

スマホの位置情報から感染場所を特定

新型コロナウイルスの感染拡大リスクを最も高めるのは、飲食店やジム、ホテルだ。

米スタンフォード大学とノースウエスタン大学は3月から5月にかけ、スマホの位置情報から人々の動きを図表化した。訪問先や滞在時間、居合わせた人の数、居住地域などに注目し、データから得られた情報を感染件数や感染経路に関するデータと合わせ、感染モデルを構築した。

9800万人の携帯電話データを使い、さまざまな場所における感染リスクをモデル化した研究で、感染拡大リスクを最も高めるのは、飲食店やジム、ホテルであることが判明した。

 

ロックダウンは必要ない

感染拡大を封じ込めるのに全面的なロックダウン(都市封鎖)は必要ないとも指摘した。マスク着用と社会的な距離の維持、客席の制限は全て、感染の制御に重要な役割を果たし得るという。

低所得者層ほど感染リスクが高い

低所得層は比較的狭くて密集した場所を訪れることが多く、全体的に移動を自粛する公算が小さいために感染のリスクが高いと説明した。

【参考サイト】

新型コロナ「スーパースプレッダー」はレストランやジム、ホテル-調査

飲酒を伴う飲食は大変危険、店に入るときもマスクは必須

レストランは騒がしい空間であることが多い。人々が大声で会話し、普段より空気を多く吐き出すため、ウイルスが含まれるエアロゾルが多くなる可能性が高い。至近距離ならわずか15分で感染する可能性がある。

飲食店での感染例は、どれも30分から数時間といったかなりの時間、感染した人や感染の疑いがある人と同じ空気を吸っていることになる。

マスクをしていない時に限って声が大きくなる

マスクをしていると話ずらく、かつ、聞きづらいです。人は、マスクをはずすと会話が弾み、大声になります。話し好きな人にかぎって、声が大きく、マスクを着けていないことが多い。特別に大量の飛沫を飛ばしながら話す人がいるので注意が必要である。

よく「口から唾を飛ばしながらしゃべっている」人がいる。飛沫を大量に飛ばして会話をしている無神経な人が、スーパースプレッダーになるだ。

新型コロナウィルス感染症では、体に入ってきたウィルスの量が多いと重症化するリスクが高まる。運悪く感染者と遭遇してしまい曝露したとしても、「感染対策三種の神器、マスク・手洗い消毒・うがい」を常時行うことで体に入ってくるウィルスの量を減らすことができる。

会食では食事の時はマスクを外す。そのまま会話を続けると、大量の飛沫をあびることになる。食事中であっても話をする時にはマスクを着用するなど対策を徹底する必要がある。

 

Go-to eatでお得に食事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P036489537_168.jpg

初回は50%OFF、2回目以降はほぼ無料でお得に食事が出来る。
サイトで予約し、支払いは食事券で支払うと、25%の上乗せ+昼食500ポイント、夕食1000ポイントをゲットできお得です。この裏技を使えば約半額で食事が出来ます。

2回目以降は、昼は500円、夜は1000円より少し超える食事をすれば、ほぼ無料で何回でも外食をすることができます。

Go to eatポイント付与オンライン予約サイトはこちら
ホットペッパーグルメ 一休.com Yahoo!ロコ ぐるなび
Retty 食べログ オズモール

新型コロナ、感染リスクの高い場所は、飲食店やジム、ホテル」への2件のフィードバック

  1. Emily

    Hello! I could have sworn I’ve been to this blog before but after reading through some of the post I realized it’s new to me.
    Anyhow, I’m definitely glad I found it and I’ll
    be book-marking and checking back frequently!

    返信
    1. Hsabu

      ブログを理解してブックマークしてくださりりありがとうございます。これからも新型コロナウィルス感染症について一緒に探求してきましょう。
      Thank you for reading and bookmark this site . Let’s think about Cvid 19 together.

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)