NY市で陽性率上昇

投稿者: | 2020年9月29日

ニューヨーク市では、特にブルックリン地区で新型コロナウイルス検査の陽性率上昇が見られると、ニューヨーク州のクオモ知事が明らかにした。陽性率は8月と9月第1週に1%未満で推移していたが、27日は1.5%だったという。

最近の感染が確認された人数は1日で1000人を超えている。

ニューヨークといえば、大量のPCR検査で感染をなくすことができると豪語していたが、一時的に感染者が減っていた理由はPCR検査を増やしたことが原因ではなかった。

PCR検査で無症状の患者を見つけ出し感染を減らすなど愚かな考えであることが証明された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)