6月24日新型コロナウィルス感染症の状況

投稿者: | 2020年6月24日

本日までの新型コロナウイルス感染症に関する状況を簡単にまとめます。

新型コロナウイルス感染症の発生状況

2020年 6月24日
国内感染者1万8034人 死亡者965人
海外感染者915万4232人 死亡者47万3650人

国内

東京都で31人、埼玉12人、千葉3人など、各地で合わせて57人の感染が新たに発表されています。

・東京都は、都内で新たに31人が新型コロナウイルスに感染。

・埼玉県と川口市は、新たに男女合わせて12人が新型コロナウイルスに感染。うち19人は今のところ感染経路がわかっていないということです。

・千葉県は市川市に住む小学生と中学生の姉妹と、浦安市に住む女子高校生の3人が、新型コロナウイルスに感染。小学生と中学生の姉妹は、22日感染が発表された男子高校生のきょうだいで、濃厚接触者としてウイルス検査を受けた結果、23日、感染が確認されました。両親は陰性だった。

海外

中国警戒中

・中国・北京市の52歳の男性が11日、新型コロナウイルス検査で陽性と判明した。北京市で、発症した感染者13人を22日に新たに確認したと発表した。感染者の大部分が軽症か無症状という特性のため、ウイルスは数週間ないし数カ月かけて静かに広がる。

ブラジル底なし

ブラジルの感染者数は108万5038人、死者は5万0617人。感染拡大に歯止めがかかっていない。実際の患者数はさらに多い可能性がある。

ブラジルの新型コロナウイルス感染者数が100万人を突破し、死者数も5万人超となる中、南東部リオデジャネイロ州のビーチは先週末、多くの人々で賑わいを見せた。その多くはマスクを着用しておらず、社会的距離の1メートルも守っていなかった。

アメリカ拡大が加速

・米国で21日終了週に新型コロナウイルスの新規感染者数が25%急増した。感染者は25州で前の週から増加、うち10州では50%超増したほか、テキサスやフロリダ、アリゾナなど12州での増加はこれまでの最多を記録した。

・米国内の新型コロナウイルスの感染状況について、南部と西部で大幅な伸びが見られることが23日までに明らかになった。

ドイツ拡大の兆し

・ドイツでは西部にある工場で大規模な新型コロナウイルスの集団感染が発生したことなどで流行の広がりを示す数値が大きく上昇し、地域によっては再び厳しい制限措置が導入される可能性もでています。

韓国微増

韓国疾病管理本部中央防疫対策本部は23日、新型コロナウイルス感染者が22日0時から24時までの間に新たに46人(23日0時現在)確認され、韓国国内の累計感染者数は1万2484人と発表した。

対策

無症状の新型コロナによる感染持続時間が軽症患者より長い

何の症状もないまま新型コロナウイルスに感染している無症状患者たちは、症状のある患者たちよりもっと長い期間ウイルスを拡散させる可能性があるという研究結果が出た。

欧州経済に回復の兆し

記録的な落ち込みとなった欧州経済に回復の兆しが見えた。ドイツとフランスのPMIも予想を上回り、フランスは拡大と縮小の分かれ目である50を超えた。英国はウイルス対策の制限を一段と解除しようとしている。

「COCOA」のダウンロード数は179万⇒241万⇒326万

厚生労働省は、6月19日夕方に公開した「新型コロナウイルス接触確認アプリ」(通称:COCOA)について、ダウンロード数が6月22日17時時点で326万に達したことを明かしました。アプリのダウンロードはこちらから行えます。

接触確認アプリCOCOAの目的は、新型コロナウイルスの感染者が発覚したときに濃厚接触した疑いのある人に「通知」を送ること。そのため、アップルとグーグルはこの仕組みを「接触通知」と呼んでいます。

アップルとグーグルの協力によって、iPhone(iOS)とAndroidの2つのプラットフォームで使える「接触確認」の仕組みが用意されました。その仕組みを用いて、世界各国の政府や保険機関がアプリを提供します。日本では厚生労働省がiOS/Android向けのアプリ「COCOA」として提供します。

アプリを導入すると、Bluetoothビーコンという近距離無線通信機能を使い、1メートル以内、15分以上近づいた人(同じくアプリを導入した人)のスマホの識別情報を記録し続けます。利用者のうちの誰かの感染が発覚した場合、濃厚接触の疑いのある人に通知が送られるようになります。

「COCOA」ではプライバシーは守られている

厚生労働省が19日に公式リリースした「接触確認アプリ」は、希望者がスマホにダウンロードします。感染者のスマホが1メートル以内に15分以上とどまっていた場合に、通知が届きます。近距離無線通信「ブルートゥース」を使って、互いのスマホに無作為の符号を記録するシステムで、記録は14日間で無効となります。

 氏名や電話番号、位置情報などの個人情報は介在しないため、利用者が知らされるのは「過去14日間に感染者が近くにいた」という事実だけ。「いつ・どこで・誰と」接触したかは分からず、保健所なども接触者の情報を知ることはできません。また、通知が届くのは、感染者自らが感染したことをアプリに登録した場合のみです。

子供は学校で感染を広げない?

新型コロナウイルスを子供が学校で他の子供や教師に感染させる可能性は低いとの調査結果が、フランスで発表された。

パスツール研究所は小学校6校に通う生徒510人を含む住民1340人を対象に調査。感染した子供から他の子供や教師に移らず、感染が拡大しなかったと考えられるケースが3件あった。

子供は大人と比べて新型コロナの特徴的な症状が少なく、感染力も低いとみられる。

結論に疑問が!
逆の視点から考えると、子供は大人と比べて新型コロナの特徴的な症状が少なく、感染していてもPCR検査で「陰性」と判定されてしまい、感染が見えない。 とも考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)