3/12新型コロナワクチン接種実績

新型コロナワクチン接種実績;23万0542件のワクチン接種

今までに接種が行われた新型コロナワクチンの接種回数はグラフのとおりです。合計 23万0542件のワクチン接種が確認されています。

令和3年2月17日~令和3年3月11日までのアナフィラキシーの疑いの報告は37件です。

令和3年2月17日~令和3年3月11日までの報告分の症例一覧はこちらを参照してください。

それにしても日本は多いです。アナフィラキシーの症状が異常に多く出るのは、ワクチンの接種量が日本人の体格にあっていないのではないでしょうか?

日本のワクチン接種は先手先手で行っている

日本のワクチン接種が遅いと主張する人がいます。この考えはとても危険です。安全を度外視しているからです。

元々ワクチン接種は、大量の感染者と死者を出している国が、ワクチンの治験をそこそこにして安全性を無視して先行してワクチン接種を始めたのです。ワクチン接種以外の対策で感染者を減らす手段を持たない国にとっては、ワクチンの危険性よりも、感染リスクの方がはるかに大きいからです。

だから、先行してワクチンを打っている国は、リスク覚悟でスタートしたのです。これは、制限時速60kmの道路を制限を無視して時速130kmの猛スピードで運転するような物なのです。恐ろしくてたまりません。事故が起きてしまえば目的地に到着することさえできません。

ワクチン開発、接種は安全運転が最も先手の対応です。

ワクチン接種を日本のように安全を見極めながら実施することが正しいのです。世界で最も進んだコロナ対策を実施しているのは日本であると言えるのです。日本を混乱させ弱体化させる目的で日本批判ばかりする一部報道に惑わされないで、日本人としてのアイデンティティを失うことなく、誇りと自信をもってコロナ禍に当たりましょう。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました