2/14国内新型コロナ1364人の感染確認

投稿者: | 2021年2月15日

国内1364人の感染確認

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-174.png

全国で1364人の感染が確認されました。
国内で感染が確認された人は41万5945人
亡くなった人は6970人
・死亡率は、1.7%
・検査数は、2月12日で5万6650件行われています。

陽性者数が多い都道府県は、
東京都371、大阪府98、神奈川県108、埼玉県131、千葉県108人です。

日本全国の感染を引き上げているのは、東京とその周辺都道府県

日本全国の感染を引き上げているのは、東京とその周辺都道府県です。

東京都とその近隣の4都道府県の合計で718人で日本全体の53%を占めています。国内の感染者の過半数が、東京都と都に隣接する3県に集中しているのです。東京都だけでも日本全体の27%を占めています。日本全国の感染確認者数の4人に1人は東京都となっています。

感染者は減少傾向にあるが下げ止まりが見られる都道府県もある

2月12日時点の実効再生産数は、
全国で0.74

東京都は0.77 愛知県0.81 大阪0.68 神奈川県0.68 千葉0.71 埼玉0.76 福岡0.77 

 と、再生産率は下がりました。今後一時的に感染者は減少することでしょう。が、まだ今後どう変化するか予断を許さない状態です。感染者は「下げ止まり」の状況が見られる都道府県もあります。。

重症者は減っている

重症者は668人(-25)で全体の2%です。割合が少ないのは、日本全体の若者の感染者数の増加しているからです。重症者は、感染者の減少から1週間遅れて同じく減少傾向にあります。しかし、高齢者の感染の割合が大きくなっており、重症者の絶対数は減ってきていても割合は増えています。

症状が改善して退院した人などは38万2886人

新型コロナワクチン 国内初の正式承認 米ファイザー製

アメリカの製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は14日午後、安全性や有効性などが確認されたとして、正式に承認したと発表しました。

正式な承認を受けて、今月17日にも医療従事者に先行して接種が始まる見通しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)