術後補助化学療法 2日目

投稿者: | 2021年1月23日

 

抗がん剤治療の2日目になりました

抗がん剤治療の2日目になりました。昨日から、今の時点でに感じている副作用はく苦痛に感じるほどではないですが、手術前の絶好調とは違います。感じた症状としては、  

1 点滴の針を刺した周辺(上下関節から10Cm)が少しだけしびれを感じます。

2 深夜から軽い吐き気がします。苦痛と感じる物でなく、ほかごとをしていれば忘れてしまう程度です。これは、吐き気や嘔吐を抑える薬(イメンド)が開発されており、この薬の結果、抗がん剤治療が劇的に楽になったそうです。

3 夕食を食べる前に、ついいつもの習慣で水道水て手を洗ったら、電気が流れるようなしびれを感じました。その後、水を使う場合は湯を出して行ったので感じなくなりました。冷たい物を触るのは、抗がん剤治療中は厳禁です。

4 キー入力をしていると、指先が固まるように感じました。

5 どうも副作用は全身にあるようで、ウォーキングなどをしていると、いつもとは違う感じがしました。歩くスピードを押さえ、短めで終え、回数を増やそうと思います。

副作用の出方は、全員違うそうですのであまり参考にはならないとおもいますが、私の場合、だいたいこんな感じです。

CAPOX療法の実際と副作用について

1 CAPOX療法とは?
2 CAPOX療法における副作用;手足症候群対策
3 CAPOX療法における副作用;悪心・嘔吐、食欲不振対策
4 CAPOX療法における副作用;口内炎対策
5 重大な副作用に至る可能性がある主な自覚症状
6 自覚症状がない副作用、検査によって分かる

抗がん剤治療中に日常生活で気を付けること

  1. 食事食べたらすぐに寝ない。
  2. 1回の食事の量を減らす。
  3. よく噛んで口の中で食べ物を消化するぐらいの気持ちになって食べる。
  4. 水分を多くとる。1日1リットル以上。
  5. スキンケア
    ・手足を清潔に保つ
    ・手は1日に5回以上保湿剤を塗る。手のひら・爪
    ・足は1日に3回以上保湿剤を塗る。足の裏・爪
    ・常時、手袋・靴下を身に付ける。
  6. 冷たい物に触らない。
  7. 冷蔵庫に入っている飲み物をそのまま飲まない。
  8. 寒い日は外に出ない。
  9. 外出する時には日焼け止めを塗る。
  10. 2時間ごとに水道水でうがいをする。ぐちゅぐちゅうがい。(口の中の細菌は2時間で増殖するため、うがいで菌を出す)
  11. 柔らかい歯みがきで軽く歯を丁寧に磨く。
  12. 口の中を清潔に保つ。
  13. 抵抗力が落ちているので、非感染対策を徹底する。「新し生活様式」を守り、常に実践する。
  14. 抵抗力が落ちるので過度な運動(仕事)はしない。
  15. 腸内環境を整えるために、小腸、大腸まで届く乳酸菌飲料を毎日どちらも食べる。

女性であれば自然に出来ていることかもしれませんが、スキンケアなど男性は初めてする方もいるかもとおもいます。しかし、これらを怠れば重大な副作用に至るリスクが高まります。半年間、徹底的に実践する必要があります。以上の項目を生活習慣として確実に身に付けましょう。

注射部位反応について

注射部位反応とは、オキサリプラチンの点滴の為に針をさした部分、およそ20cmのあたりがしびれたり、痛みを感じたりすることです。これはほぼ全員に起きるそうです。

防ぐことはできませんが、2・3日で気にならない程度におさまります。完全に痺れがなくなるには1週間程度かかりますが、日にち薬で済みます。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)