新型コロナ感染の後遺症で脱毛に苦しむ

投稿者: | 2020年12月11日

 

新型コロナウィルスに感染した人の後遺症の事例

30代半ばの感染者の後遺症の症状が詳しく紹介されている記事がありました。
新型コロナ感染の30代女性 後遺症で毛が抜け頭頂部はまばらに…「外に出るのもつらい」

2か月後に出てきた新型コロナウィルス感染症の後遺症

この記事の事例では次のような後遺症が2.3か月後に出てきたとのこと。

  1. 嗅覚は半分くらい戻ってきた
  2. 甘い、塩辛いはわかるが、コーヒーの香りなどは、はっきりしない
  3. 体のあちこちに湿疹ができる
  4. 一番つらい症状は脱毛洗髪や髪をとかす時、驚くほど髪が抜ける。
    脱毛は想像以上に心の負担になり、他人の目が気になって外に出るのもつらいと涙ながらに訴えた。たしかに脱毛の程度はかなり深刻で、頭頂部の毛髪の密度は、まばらと言えるほどで30代の女性には酷な状況だ。 

 

コロナはただの風邪ではない

感染後すぐではなく、2~3か月経過してから後遺症の症状が目に見えてくる方が多い。

コロナは“ただの風邪”ではない。まだ表に見えていない後遺症が存在する可能性もある。

治癒したの後も、ずっと後遺症に苦しむ人が多くいる。後遺症に苦しまないためには、絶対に感染しないことである。

【参考】新型コロナ感染の30代女性 後遺症で毛が抜け頭頂部はまばらに…「外に出るのもつらい」

 

新型コロナ感染の後遺症で脱毛に苦しむ」への2件のフィードバック

    1. khibi 投稿作成者

      ブログを読んで理解してくださりありがとうございます。これからも新型コロナウィルス感染症について一緒に探求してきましょう。
      Thank you for reading this site. Let’s think about Cvid 19 together.

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)