新型コロナウイルス感染症流行の第3波と 第2波との違い

投稿者: | 2020年11月18日

 

60代以上が第2波の2倍以上に

感染者の年代別の割合についても重症化しやすいとされる60代以上の割合が、第2波より高い傾向が見られています。

7月には、60代以上は8.2%と、高齢者は比較的少ない状態でした。

今月は16日までで、60代以上は17.1%と、特に60代以上の占める割合が第2波の2倍以上になっています。

大阪府でも同様の傾向で、60代以上の割合が7月には9.5%だったのに対し、今月は25.8%と高くなっています。  

 

重症者が、第2波のピーク超える

重症患者は、第2波では、8月24日に259人と最も多くなりました、11月に入り、17日には272人となり、第2波のピークを超えました。

医療機関や福祉施設でもクラスターが多発

第2波では感染者の集団=クラスターは、大都市圏の接待を伴う飲食店や、職場での会議などが多かったのに対し、今月以降は、会食や職場に加えて、地方の歓楽街や外国人のコミュニティー、それに医療機関や福祉施設などと多様化し、地域への広がりも見られるとしています。

第3波ではクラスターが多様化し医療機関や高齢者施設などを巻き込んで、さらに大きなクラスターに発展するおそれもあります。

【参考】さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【データで見る】“第3波” 第2波との違いは 新型コロナ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)