感染対策の盲点

投稿者: | 2020年10月22日

 

市中では健康者がコロナを運ぶ

新型コロナウィルスの感染は若い世代の感染が目立ちます。若者の感染はステルスに進みます。万一、感染しても無症状であるか、軽症で済むからです。無症状の人は当然感染していることに気が付きません。

健康な人が日常生活を行い、知らないうちに新型コロナウィルスを移しているのです。

したがって、出会う人すべての人が新型コロナに感染していると想定して感染対策を怠りなくすることが大切です。

 

マスクをはずし”蜜”を作り会話する時が危険

感染しない、安全な環境下でマスクを外すことには問題はありません。しかし、人との社会的距離を保つことが出来ない場所ではマスクは必要です。

飛沫が届く距離に入る可能性のある時には、感染させない、感染しないという2つの目的でマスクを着用するようにしましょう。

感染対策の盲点

以前は、キャバクラなど接待を伴う飲食店での感染が謙虚でした。最近では飲食に加え、以下にあるような場所で感染する事例が増えてきています。

  1.  スポーツを楽しむとき、部活で過激な運動をするときにはマスクをはずします。プレー中は激しく呼吸をします。
  2. ーティング、打ち合わせ、作戦タイムの時は極めて危険です。激しく息をしながら集まり、監督やコーチの指示を聞きます。
  3. 部活動でも、職場でも休憩中も危険です。体の疲れとともに心も癒したくなりつい友達と近づいてしまします。
  4. 昼食時にも当然マスクをはずしますので、会話を控えるか、社会的距離を保つようにしましょう。また、喫煙所で喫煙中に感染した事例もありますので、喫煙中も注意を怠らないようにしましょう。
  5. 更衣する時も油断してはいけません。部室や更衣室で着替えているときにマスクをはずして会話し暴露することがありますので注意しましょう。
  6. 喫煙所での感染も報告されています。

感染対策の盲点になる場面を作らないように注意しましょう。

 

マスク

 

 【全国マスク工業会正会員】KAEI 3層 立体プリーツマスク 普通サイズ(17.5×9.5cm)50枚入 ASTM-F2100-11 レベル1適合 高性能カットフィルター

購入→アマゾン楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)