新型コロナの重症化リスクはネアンデルタール人由来

投稿者: | 2020年10月3日

 

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)は9月30日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の重症化リスクが、ネアンデルタール人由来のものであるとの研究結果がネイチャー誌に掲載されたことを報告している。

3番染色体のある領域の遺伝子多様体(バリアント)が重症化リスクを高めているという。

  1. ネアンデルタール人のバリアントを持つ人は、新型コロナウイルスに感染した場合に、人工呼吸器を必要とするリスクが最大3倍になる。
  2. これらのバリアント保有者は世界各地で大きな開きがある。
  3. 東アジア(中国、モンゴル、台湾、韓国、日本など)では保有者はほとんどいない。
  4. 南アジアでは人口の約50%がバリアントを持っている。
  5. アフリカでもほとんど見られない。
  6. バングラデシュではもっとも多い。

カワシールド Ag+ 交換用シールド UVカット3枚セット

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)