9月11日新型コロナウィルス感染症の状況

投稿者: | 2020年9月11日

新型コロナウイルス感染症の発生状況

2020年 9月11日 
国内感染者7万4026人 死亡者1416人
世界感染者2710万5151人 死亡者88万3342人

国内692人の感染確認

全国で692人の感染が新たに発表されています。
・国内で感染が確認された人は7万4026人
・亡くなった人は1416人
・東京都276、大阪府92、神奈川県112、福岡県24人
・愛知県36、埼玉県30、千葉県28、兵庫県21人
・重症者は、6日時点で198人(-4)で全体の2.2%
・症状が改善して退院した人などは6万4835人

 

ドアやエレベータ等の開閉を非接触で操作可能なハンドツール

東京都 276人の感染確認

都内で新たに276人が新型コロナウイルスに感染を確認。

年代別

・276人中49歳以下は195人で全体の71%
・50代が38人、60代が23人、70代が10人、
・80代が7人、90代が3人
・58%の160人はこれまでのところ感染経路がわかっていない

濃厚接触

・42%にあたる116人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者
・家庭内の感染が最も多く39人、職場内が19人、
・施設内が15人、会食での感染が11人、
・夜間営業する接待を伴う飲食店の関係者が4人

新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」で濃厚接触をした可能性があるという通知がきっかけで感染が確認された人が5人
詳しくは、→→→新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」

感染

・都内で感染が確認されたのは合わせて2万2444人

重症の患者は9日より1人減って23人
・重症者は23名中50代10人、60代と70代がそれぞれ4人、80代が3人、40代が2人

都の感染状況、警戒レベル1段階引き下げ

東京都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議が行われ、現在の「感染が拡大していると思われる」とする4段階のうち最高レベルの赤から1段階引き下げ、「感染者数が再び増加することへの警戒が必要」とする3段階目のオレンジとする旨の総括を行った。

猪口副会長は「数も率も両方ともギリギリ。何かあれば一気に増える。すぐ赤に戻る水準ではある」とも述べ、引き続き警戒を怠ってはいけないという認識も示した。

自宅で出来る新型コロナウイルス 抗体検査キット

 

自宅で簡単PCR検査新型コロナウイルス 抗体検査キット 1回分 TBG Biotechnology Corp
少量の血液から約15分で抗体検査ができる! 新型コロナウイルス 抗体検査キット 約15分で検査が完了

海外

世界全体で2786万4876人となりました。また、亡くなった人は90万3698人に上っています。

対策

日本の新型コロナ対策は花丸

1 明らかに感染者数は減少している。春と比較し「緊急事態宣言」など強力な対策を実施しなくても感染者数を減らすことが出来たのは大きな成果である。

2 国家が大きな権力を行使し、国民を雁字搦めに縛り上げたり、自由を奪ったりすることなく、人権を守りながら、国民の自覚と協力によって感染者を減らすことが出来たことは他国にない日本独自の対策である。世界に誇ることができるものである。

3 大量にPCR検査を実施した国で多くの死亡者を出していることと比較し、日本は、PCR検査を目的を持って計画的に実施し、効率的、効果的に感染者を減らすことができた。

4 感染症対策がトップダウンというよりも厚労省・各自治体・施設内で政治の介入抜きでコロナ対策がほぼ自動的に作動した。厚労省・各自治体の保健所・施設内の職員が使命感を持って献身的に貢献した。残業に次ぐ残業、土日・祝日を返上し、寝る間も惜しんで感染対策に取り組んでいる。日本の対策の成功の裏にはこうした関係職員の苦労・努力がある。私の目からすると「働きすぎ、頑張りすぎ、ここまでするのか」と疑問に思う点もあるが、関係職員の仕事ぶりは世界に誇れるものである。

5 医師や医療関係者、厚労省職員、地方自治体の保健所の職員の献身的な努力によって、日本の死亡率では世界139位。多くのアジアやアフリカの国よりも人口当り死亡数は少ない。

このように日本は経済活動や国民の生活・人権を出来るだけ損なうことのないように配慮しながら感染者を減少させることができた。未だに感染拡大が続く国が多い中、日本の対策は確実に成果を上げることができた。

反日マスコミのネガティブな情報ばかり流す報道に操られてはいけません。
「王は戦場で将を語らず、将は兵を語らず」といいます。国民が一致協力して感染防止に取り組む必要がある時に、「負の評価」は国民の努力に対して「足を引っ張る」結果となります。
日本を正しく評価し、自信と誇りを持ち、日本人としてのアイデンティティを確立しましょう。

 

「新しい生活様式」はコロナ対策の為ならず

 

コロナが流行する前よりも明らかに体調が良くなった。
飲み会もなくなり家にも早く帰るようになった。
仕事で変な会議もなくなり効率が良くなった。
三密を避けているからか変な風邪をひくこともなくなった。

会社の飲み会が無くなったことで助かっている人も多いと思う。
会議は最少人数、リモート会議が推奨され無駄な会議出席、移動時間が無くなり仕事効率が良くなった。
在宅勤務が可能になり、日によって通勤時間がゼロになった。
誰もが個人単位で無駄だと思っていたものがこの機会に見直され、変革していく。
皮肉なことに働き方改革よりも会社様式の変化をもたらした。

今後パンデミックがおさまったとしても今の生活様式をある程度は維持したい気持ちにもなっている。

コロナ以前に「みんなやめたいと思っているが、昔からの伝統やら慣習やらで簡単にやめられない」というハードルを超えることができた年だとも思う。例えば、PTA活動・町内の集まり、行事。

今はもう、会社でも顔を寄せ合うような距離で打合せをするのが怖くなって、みんなちゃんと距離を取るようになっている。

今までみたいに遊んだり会える人は減ったけど、自分を見つめ直す機会になったのかもしれません。

無駄な出張や研修も減りました。

今まで数ヶ月に1回くらいは体調崩したりしてたのに、マスク、手洗いを実践するようになってから我が家は誰も風邪ひかず、熱も出すこともなく、いたって健康。

誰もが健康に気を付けるようになり、お医者さんに行くと閑古鳥が鳴いている。お医者さんにもゆとりができた。

今の生活様式を維持出来れば、コロナだけではなくインフルエンザもその他の感染症も激減する可能性が高い。

お年寄りが病院にたむろしなくなれば労働者の医療費の負担も減らせるかもしれない。

大概の病気は、過酷な仕事をほんの少し減らせば、医者にかからなくても治ります。休ませて貰えないだけの事。休ませるべき人に休ませられる社会の雰囲気が必要だと思います。

 

自宅で簡単 PCR検査 コロナPCR検査唾液採取キット

「自宅でPCR検査」のサービス

新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書が必要な方にとっても役に立つ「自宅でPCR検査」のサービスがあります。

  1. 検体は唾液ですのでだれでも採取できます。
  2. 病院へ出かける必要はありません。
  3. 検査に出かけ検体採取に伴う飛沫感染のリスクがありません。
  4. 陰性証明書をゲットできます。

 利用することで、検査試料の中に、新型コロナウイルスに特徴的なRNA配列が含まれているかどうかの判定報告を受けることができます。

新型コロナウイルス(covid-19)PCR検査 自宅で簡単 PCR検査 コロナPCR検査唾液採取キット
こんな時にPCR検査を;主な対象者
・海外渡航の際に、入国先から新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書を要求されている方
・実習に参加するため、受入先から新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書を要求されている方
・出張のため企業からPCR検査陰性証明書を要求されている方
・企業・団体でまとまって新型コロナウイルスの PCR検査がしたい企業の担当者の方
・祖父母など御高齢の方や赤ちゃんと接するのに御心配な方
・心臓病、糖尿病などの持病がある方に接するのに御心配な方
※症状のある方は「帰国者・接触者相談センター」へお問合わせしてください

こんな方は控えましょう。

新型コロナウィルスに感染しているか不安な人

「新型コロナウィルスに感染しているか不安な人」がPCR検査を受け、「陰性」と判定されると、検査する前よりも強い不安に襲われる人が多くいます。検査が返って不安を増幅する場合もありますので注意が必要です。

多くの健康な方から感染者を発見する目的

「陰性」の証明が必要な方にはお勧めですが、多くの健康な方から感染者を発見する目的でPCR検査を行うことはお勧めできません。

  1. 感染者を見つけ出す目的でPCR検査を実施することはあまりにも非効率的です。労力に対する効果は限りなく低いです。
  2. 大変な費用がかかります。2000人実施して一人の感染者が見つかったとしたら、この一人を見つけるために4000万円もの費用がかかります。3人の感染者を見つけるのに1億円以上かかります。この費用はもっと有効なことに使った方がいいです。
  3. PCR検査は完全な検査ではありません。精度は70%と言われています。大勢の健康な人にPCR検査を実施したとしても完全に感染者を見つけ出すことは不可能なのです。

 自宅で行うPCR検査は、「陰性」を証明する必要がある方にお勧めします。

新型コロナウイルス(covid-19)PCR検査 検査結果証明書


 

新型コロナウイルス(covid-19)PCR検査 検査結果証明書

オプションで証明書を発行してくれます。証明書には目的によって書式が違う場合があります。何に使う証明書かはっきり伝えてから発行してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)