9月5日新型コロナウィルス感染症の状況

投稿者: | 2020年9月5日

新型コロナウイルス感染症の発生状況

2020年 9月5日 
国内感染者7万994人 死亡者1352人
世界感染者2630万5791人 死亡者86万8746人
東京都136、大阪府74、神奈川県108、福岡県34人
愛知県33、埼玉県24、千葉県35、沖縄県28人
京都府24、空港の検疫7人

重症者は、4日時点で214人(ー4)
・退院した人などは6万0417人

国内588人の感染確認

全国で588人の感染を確認
・国内で感染が確認された人は7万994人
・亡くなった人は、国内で感染した人が1352人

 

東京都136人の感染確認

年齢別

・136人のうち49歳以下は108人で79%
・50代が14人、60代が7人、70代が5人、80代が3人
・60%の81人はこれまでのところ感染経路がわかっていない

重症者1人

濃厚接触者

・55人は、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者
・家庭内の感染が最も多く19人、
・職場内が10人、
・夜間営業する接待を伴う飲食店の関係者が9人、
・会食での感染が7人

・都内の感染確認された人は、合計2万1475人
・退院した人や、自宅などでの療養が終わった人は、1万8735人

重症者

重症の患者は、3日より1人増えて28人
・70代が最も多く9人、
・50代が8人、
・60代と80代がそれぞれ4人

入院、療養

・2万1475人のうち、入院中の人は3日より23人減って1310人
・自宅で療養している人は3日より2人増えて435人
・ホテルで療養している軽症や無症状の人はきのうより3人増えて244人
・入院と、ホテルや自宅での療養のどちらにするか調整中の人は、3日より98人減って382人

 

海外

世界全体で2630万5791人となりました。また、亡くなった人は86万8746人。

インドでは4日、新たに8万3341件の新型コロナウイルス感染が確認され、累計で393万6747件となった。保健省のデータから明らかになった。死者数は6万8472人に達した。

ブラジルでは3日、新型コロナ感染者が4万3773人増え、累計で400万人を超えた。

パキスタン、なぜかコロナの大流行回避

パキスタンで、新型コロナウイルスの感染が確認されてから6か月が経過した。ここ数週間は感染者数が激減しており、最悪の事態は回避できたようだ。

市民はソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)のガイドラインを守らず、市場やモスク(イスラム礼拝所)に集まっていた。しかし、感染者数が数週間連続で減少した。

新型コロナに伴うほとんどの規制を解除した。

医療

新型コロナ 発熱相談、まず医療機関へ

厚生労働省は4日、今冬の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行で発熱患者が大幅に増えることを見据え、発熱患者の受診方法を変更すると発表した。発熱患者らが直接、かかりつけ医など地域の医療機関へ電話連絡できる体制を整備するよう自治体に通知を出した。

現在は、保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」に患者が相談し、「帰国者・接触者外来」や地域の検査センターにつないでもらう流れとなっている。しかし、インフルエンザの流行に備えて変更することにした。

ロシアの新型コロナワクチン、抗体反応確認

ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に関する初期の臨床試験で全ての参加者に抗体反応が確認された。英医学誌ランセットが4日、試験結果を掲載した。

糖尿病・肥満治療薬、新型コロナにも有効

デンマークの製薬会社ノボ・ノルディスクは、減量や糖尿病をコントロールするのを助ける薬品が新型コロナウイルス感染症(COVID19)の治療薬としても役立つ可能性があるかどうかを調査している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)