新型コロナの感染が疑われる場合、身近な医療機関に電話で相談した上で受診する

投稿者: | 2020年9月5日

発熱などの症状が出て新型コロナウイルスへの感染が心配になった場合、10月以降、身近な医療機関に電話で相談した上で受診することが基本になる。厚生労働省が4日、方針を発表した。

方針では、新型コロナとインフル両方の診療や、PCR検査より短時間で診断できる抗原簡易検査などが可能な医療機関を「診療・検査医療機関」として都道府県が指定する。

10月まで
保健所などが開設する相談センターに相談して医療機関を紹介してもらう。

10月準備ができ次第
発熱症状などがあり新型コロナやインフルへの感染が疑われる人はまず、かかりつけ医など身近な医療機関に電話相談。そこが指定機関なら受診の予約をする。

かかりつけの医師で対応できない場合、対応可能な医師を紹介してもらう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)