「ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる」は本当か?

投稿者: | 2020年8月5日

 

うがい薬で重症化予防?

大阪府と大阪府立病院機構「大阪はびきの医療センター」は4日、新型コロナウイルス陽性の軽症患者41人に対し、「ポビドンヨード」の成分を含むうがい薬で1日4回のうがいを実施したところ、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したとする研究成果を発表した。

イソジンでうがいをした患者の陽性率が9.5%だったのに対し、うがいをしなかった患者は40%だったという。

 

ポビドンヨードによるうがいは、『風邪予防に有効ではない』という研究結果

水のみでうがいをすると、うがいをしないグループよりも風邪にかかる確率が下がったものの、ポビドンヨードでうがいをするグループは効果が認められなかったという研究結果があります。

ポビドンヨードは強力な殺菌性ゆえに、のどや口の中にもともといる『正常な細菌』をも叩いてしまい、さらには粘膜なども痛めてしまうからと考えられています。強すぎるゆえに『総合的には効果が相殺されてしまう』。

口の中を清潔に保つ、『口腔ケア』は重要

口の中の清潔をたもつ『口腔内ケア』は重要です。

。新型コロナに限らず、歯磨きなどで口の中の清潔を保つと、肺炎などのリスクが下がることがわかっています。

うがいしたり歯磨きをしたりすることが感染防止につながる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)