4/20大阪 新型コロナ1153人感染確認(19時時点)

経過と近況

大阪 新型コロナ1153人感染確認(19時時点)

大阪府は、府内で新たに1153が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。グラフの赤い点線は、1週間ごとの平均です。急激に増加しています。変異株の感染力はすさまじく感染拡大が加速化しています。

 

年齢別陽性者数と割合

変異株の影響でしょうか、大阪も20歳未満の感染が増えてきました。20歳未満のお子さんだけで、全体の12%を占めています。お子さんががこれほど多く感染することは今までありませんでした。

20歳代から50歳代までの感染が目立ちます。なめてかかるようですが、友達、同僚、家族に感染させたことが判明した時には、耐え難い罪悪感に苦しむことになります。

感染リスクが高い催しや場所へ出かけることは控えるようにしましょう。

また、70歳代の感染確認者数も100を超えました。他県と比較して高齢者の感染が多いのが大阪の特徴の一つです。

重症者が317人(1日の重症者28人)

重症者が317人(1日の重症者28人)と感染者の増加に比例して重症者も増加しています。

重症化する年齢が下がってきています。若くて基礎疾患のない人も重症化しています。これからは総ての年代が重症化の恐れがあります。

本日発表された死亡者は、8名です。

重症化しお亡くなりになる方の多くが高齢者で基礎疾患のある方です。

大阪府 緊急事態宣言の発出 国に要請することを決定

大阪府は、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、府内での感染の急拡大に歯止めがかからず、医療のひっ迫が深刻さを増している状況を受け、さらに強い対策を講じる必要があるとして、緊急事態宣言の発出を要請することを決定し20日夜、正式に要請しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました