韓国K防疫に対する国民の評価は最悪

投稿者: | 2020年10月21日

 

「コロナ対応」評価は日本人56%

読売新聞の世論調査によると、日本国民の56%が新型コロナウイルスを巡る政府の対応を評価しているようだ。「評価する」は2か月前の27%から倍以上も上がった。評価の理由は、

  1. 状況を悪化させていない
  2. 欧米諸国の二の舞になっていない
  3. 保健や医療システムが整備され、重症化を防いでいる
  4. 学校の休校や閉鎖もなく、また飲食店への休業要請もなく、「3蜜」による入場制限も段階的に緩和するなど日常生活を取り戻しつつある
  5. 中小企業や小規模事業者への持続化給付金支給など生活支援を行っている
  6. 観光事業へのテコ入れなど経済を回していることなどが挙げられる

 などがあげられる。

 

韓国の対応を評価している29%

感染対策だけを見ると、韓国の方が「業績」が良い。それにもかかわらず、16日に公表された「韓国ギャラップ」の世論調査によると、新型コロナウイルスを巡る政府の対応を評価している韓国国民は29%と、日本国民のおよそ半分程度だった。

K防疫を自画自賛する文政権に対して、国民は覚めた目で見ていることが分かる。見栄えだけにこだわった対策では国民は評価しないのだ。

 

コロナ対策の評価は内閣支持率と似ている

菅義偉総理への支持率は一様に下落したものの、53%(朝日新聞)、55%(NHK)、57%(テレビ朝日)と平均して55%前後もあった。どんなに低くても51.2%(時事通信)で、「共同通信」の調査では60%を上回り、60.5%もあった。

コロナ対策の評価は内閣支持率と似ているのは偶然のようで偶然出ないように思える。韓国ではマスコミを統制し政府の都合の良い統計結果を発表している。

が、韓国では、「マスコミの発表する統計結果は政府と言うフィルターを越して発表されている」ことを自明のことと国民は受け取っている。

コロナが終息すると文政権が終わる

韓国では、感染者をゼロにすることができない。適当な数の感染者数が必要となる。なぜなら、感染者がいなくなれば規制を緩和せざるをえない。

もし、今韓国で規制を緩和すると、韓国内の文政権に対する不満が爆発し、大規模なデモが起きる。

嘘、歪められた社会正義・公正を回復しようと何百万と言う市民が立ち上がり、大統領を退陣に追い込むことでしょう。

文政権は、大規模な集会を恐れているのだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)