6月1日コロナウィルス感染症の状況

投稿者: | 2020年6月1日

6月1日までの新型コロナウイルス感染症に関する状況を簡単にまとめます。

新型コロナウイルス感染症の発生状況

2020年 6月1日
国内感染者1万6912人 死亡者897人
海外感染者607万5786人 死亡者36万9529人

国内

・福岡県12人、神奈川県6人、北海道6人、東京都5人などで合わせて35人の感染が発表されました。北九州市は、病院3人と小学校4人で「クラスター」が発生したとしています。
・厚生労働省は31日、海外から成田空港に到着した10歳未満から30代の男女4人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。

学校でクラスターが発生したということは、あまりにも影響が大きいので、北九州市以外の別な団体が再度同じ児童にPCR検査をして「擬陽性」でないか確認をしてほしい。

 

海外

・世界の感染者は累計で600万人を超えた。中南米やロシアで感染拡大が深刻化している。 
・米国が約177万人と最多で、ブラジルが約50万人、ロシアも40万人を超えた。英国は27万人超、スペインやイタリアも23万人台に上っている。

・ロシア政府は31日、新型コロナウイルスの感染者数が40万5843人、死者は4693人になったと発表した。新規感染のペースは漸減傾向だが、16日連続で8千~9千人台の感染が新たに確認されている。

・台湾では31日、新型コロナウイルスの新規感染者が確認されなかった。中央感染症指揮センターが発表した。海外からの帰国者を除いては49日連続で感染者が出ていない。

・韓国の感染者数は27人増え、計1万1468人になったと発表した。

医療

「普通の風邪」によって獲得された免疫が、新型コロナウイルスにも効果を発揮するかもしれない──。そんな研究結果が、このほど公表された。別の似た病原体でも起こりうる「交差反応」と呼ばれる現象だ。

教育

教育現場

北九州市では31日、新たに12人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。このうち4人は、今月28日に感染が確認された小学生と同じ学校に通う児童で、北九州市は、この小学校で感染者の集団、「クラスター」が発生したとしています。10代の女子3人と男子1人の合わせて4人は、今月28日に感染が確認された女子児童と同じクラスです。

夏のプール授業を休止する学校が全国で続々と決定している。

父兄等の意見

5/27の記事で、日本小児科学会は以下のように述べている>学校や保育施設で子どもが感染源となった集団感染はほとんどなく、子どもの感染例は親から感染したケースが大半だだから休校なんか児童にデメリットしか与えない。
発言に伴う社会的責任はどうするつもりでしょうか?

病院、介護施設、保育園、学校(とくに低学年)など、弱者が集まる3密施設は、職員がどんなに気をつけても、クラスターが発生しやすい。
子供→両親→職場や祖父母、と感染が拡ってしまう。

子供の感染は無いので学校を休校にする必要はないという主張を前に聞いたことがあったが、現に発生すると休校の措置は正しかったことになる。

小中学生はやはり症状が出にくいようですね。
無症状感染者が感染を広めるのが怖いウィルスなので、それを考えるとあの時点でいち早く休校にしたのはある意味正解だったのかもしれません。

下駄箱に入る前に毎日、検温や体調をチェックした用紙を見せないと校舎に入れず消毒液をしてから教室に入るなど最低限の管理はされています。
しかし同じクラスにコロナ感染者がいるなら、感染は防げないのが現状でしょう。

 

6月1日コロナウィルス感染症の状況」への1件のフィードバック

  1. Maria

    Hi there, You’ve done a great job. I will definitely digg it and personally recommend to my friends.
    I’m sure they will be benefited from this site.

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)