3/22新型コロナワクチン接種実績

新型コロナワクチン接種実績;65万2698件のワクチン接種

19日に、7万3863件の新型コロナウィルスワクチン接種が行われました。合計 65万2698件のワクチン接種が確認されています。

令和3年2月17日~令和3年3月11日までのアナフィラキシーの疑いの報告は37件です。

令和3年2月17日~令和3年3月11日までの報告分の症例一覧はこちらを参照してください。

デンマーク、アストラゼネカ製コロナワクチン接種後に1人死亡・1人重篤症状

デンマーク当局は20日、アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン接種後に、血栓症と脳出血により1人が死亡、1人が重篤な状態であることを明らかにした。

2人は病院関係者で、発症前14日以内にアストラゼネカ製のワクチンを接種していた。

アストラゼネカの米コロナワクチン臨床試験第3相、有効性79%

英国のアストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンは、米国での臨床試験第3相で有効性79%との結果が示された。

アストラゼネカは22日、3万人余りの被験者を対象とした試験の最初のデータを発表した。昨年の試験では65歳超の被験者が少なく、この年齢層に対する効果を判定するデータがなかったが、今回は被験者のほぼ4分の1が高齢者だった。

今回の試験で、重症化と死亡、入院を防ぐことでは100%の効果が示された。

政府の「ワクチン接種記録システム」、ITベンチャーのミラボが3.85億円で受注 4月本格稼働へ マイナンバーとひもづけ

新型コロナワクチン接種推進担当 河野大臣からのワクチン接種記録システムについてのメッセージ

政府は2月19日、新型コロナワクチンの接種記録とマイナンバーをひもづける「ワクチン接種記録システム」の開発を、母子手帳アプリなどを手掛けるスタートアップのミラボ(東京都千代田区)に発注すると発表した。発注額は約3億8500万円。65歳以上の高齢者への接種が始まる4月の本格稼働を目指す。

ワクチン接種記録システムは、マイナンバーとひもづけた国民の接種記録をクラウド上で管理するシステム。各自治体が住民の個人情報やマイナンバー、ワクチンの接種券番号などを入力し、CSVファイルとしてクラウド上にアップするとシステムのデータベースに反映される仕組み。国は自治体別の接種状況を把握でき、マイナンバーとともにデータベース上で管理することで、接種までに転居した住民のトレース(追跡)が容易になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました