2/11東京都新型コロナ434人の感染確認

投稿者: | 2021年2月11日

東京都新型コロナ434人の感染確認

東京都は、新たに434人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。なお、グラフの赤い点線は1週間の平均を表しています。グラフからも分かるように明らかに減少傾向が見られます。

65歳以上の感染者は91人で全体の21%で高齢者の感染確認が昨日より減少して今います。

65歳以上は重症化するリスクが高いのでなんとか感染を抑えたいところです。家庭、施設をはじめ、重症化リスクの高い高齢者への感染の機会をあらゆる場面で減らすとともに、基本的な感染予防策を徹底する必要があります。

 

東京都の実効再生産数は、0.78と減少傾向

49%の211人は、これまでのところ感染経路が分かっていません。
感染経路
不明は、保健所の検疫調査だけでは感染を制御できておらず、市中感染が拡大しているサインです。

なお、感染経路不明者のほとんどは、飲食店で感染したものであることも分かってきています。

2月8日の検査実施件数は、11237件です。
2月8日までの7日間の検査人数の平均は、7640.1人です。
陽性率は5.2です。
・2月9日の時点で、東京都の実効再生産数は、0.78と減少傾向を示しています。

年齢別感染者数と割合

高齢者の感染確認者が昨日に比べ減少しています。高齢者は重症化するか可能性が高いのでこの傾向が続いてほしいものです。

逆に、20歳代の感染は、以前より減ってきています。20歳代から40歳代は夜に一杯飲みたいと言う欲求を抑え、自己管理が出来ているのでしょう。

この画像には alt 属性が指定されていません

高齢者の感染が急増、高齢者の濃厚接触者を集中して調査

世代別感染者数と割合

感染しても無症状か軽症で済む人が多い49歳以下は271人で全体の62です。この世代は、感染していても無症状か極めて軽症で済むので多くの患者は感染に気がつかず日常生活を行います。

このように、健康に見える人が普通に生活を行い、家庭内・職場内・飲食店で感染を広めるのがこの新型コロナウィルス感染症の特徴です。

社会生活を行う時には、出会った人すべての人が感染者と想定して感染対策を行う必要があります。常に、注意を怠ることのないようにしてください。

20歳代から50歳代が市中で感染しウィルスを家庭に持ち込む

社会活動が活発な20歳代から50代までは278人で全体の64%です。この世代が飲食店で感染しウィルスを家庭に持ち込むのです。

今感染が拡大しているのは、20歳代から50歳代が会食をして感染し、家族に広めているのです。緊急事態宣言中であっても飲酒・飲み会や夜遊びの習慣を絶つことの出来ない人が大勢いることが分かります。

大切な家族にウィルスを移さないためにも、仕事帰りの酒を伴う飲食は控えてほしいと思います。

高齢者の感染割合が増加している

高齢者(60歳以上)の感染者数は106人で24%です。昨日が34%でしたので高齢者が感染する割合は、前日と比べ10%減ったころになります。

次亜塩素酸水生成器

水道水と家庭用食塩だけで、電解次亜水(次亜塩素酸含有食塩水)を生成できる機械です。簡単に殺菌力の高い、除菌水が作れます。

除菌・消臭に!肌への刺激が少なく、安全性の高い殺菌方法です。
→→→次亜塩素散水生成器についてもっと見たい

 

重症者は1.5%と絶対数は減り、割合は微増

都内で今まで感染が確認された人の数は10万5458人です。

都の基準で集計した重症の患者は、103人(+-0)で全体の1.5%です。

東京都の重症者の割合極めて低い原因は、若者の感染者数が多いため重症者の割合は相対的に低くなるためです。先週から、重症者数は減少しています。

重篤者の年代は、40歳代2人、50歳代9人、60歳代30人、70歳代43人、80歳代14人、90歳代3人となっています。

重症になる患者を性別で見ると、男性82人、女性19人と圧倒的に男性が多いです。

・すでに退院した人や、自宅などでの療養が終わった人は9万8559人。

 

 

このグラフは東京都のモニタリング項目(7)の重症者の数です。11月24日以降重症者が急激に増えていました。しかし、12月に入り重症者が少なくなってきていました。一時的に11日以降は再び増加に転じましたが、16日以降は、お亡くなりになる方いたり、退院したりする人がいるため、入院中の重症者数は減少したり、増加したりを繰り返しています。現時点では、重症者は、感染者の減少から1週間遅れて減少傾向に転じています。

この病気は、高齢の方や基礎疾患等抵抗力・体力の低下が著しい方には致命的に体を破壊する恐ろしい病気です。感染が拡大している時期は、高齢の方や基礎疾患を持つ方は、人との出会う機会を出来るだけなくすようにしてほしいです。

東京都は結果的に追跡調査を縮小していなかった!

ネットでは、「追跡調査を縮小したため多くの若者の感染を見逃し、感染者数が減っている」という主張が非常に多いです。では、実際はどうでしょうか?

都の感染者状況を分析すると、縮小通知の前後で不明者の割合は62・9%から51・3%とむしろ減少しているのです。

 

このグラフは、東京都のモニタリング項目(3)「新規陽性者における接触歴等不明者数」を表したものです。1月に入り接触歴等の不明者が判明者よりも大きく減少しています。最近は感染経路不明者の割合が50%を切るようになってきており、以前よりまして追跡調査できていることが分かります。

さらに、無症状者の感染確認がふえているのです。調査縮小の影響が出ているなら、無症状の割合は下がるはずです。だが感染者に占める無症状者の割合を通知前後で比べると、18・9%から23・5%(同)に上昇しています。

保健所の話によると、高齢者の濃厚接触者の追跡調査を集中して行うと同時に、他の感染者にも今まで道理の調査をしているとのこと。

ネットの、「追跡調査を縮小したため多くの若者の感染を見逃し、感染者数が減っている」という批判は全く根拠のない批判です。

「東京の感染者1日500人」で宣言解除の場合「すぐに再拡大する」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、政府は東京都での解除の目安を新規感染者数「1日500人」とする。東京では11日まで5日連続で500人を下回り、すでに目安に達したが、専門家はさらに低い水準に抑えなければ、解除からわずかで感染者が急増し、経済的な損失も大きくなると指摘する。

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)