つるの剛士、新型コロナに感染 

対策

最初の検査では「陰性」だった 

タレント・つるの剛士は、PCRの再検査で「陽性」との結果が出たことを報告しました。

「陽性」と判定が出るまでの経緯は

8月21日
急に高熱と咳がしたので、PCR検査を受け翌日結果は陰性で風邪の症状診断される。
8月25日
咳の症状が続いたため25日にPCRの再検査を受けた。
8月27日
陽性との結果が報告されました。「現在保健所の指導を受け入院し治療を受けております」とのこと。

PCR検査を適切に実施しないと感染を拡大させる

「一般人なら、1回目で陰性と出たら安心して、無理して仕事に行く人もいる」

最初のPCR検査が陰性で、熱が下がらず、2、3日後の再検査で陽性と言う事例がよくある。検査で陰性で無症状なら、そのまま普段通りの生活を送っている者も結構いるのではと推測できる。PCR検査を適切なタイミングで行わないと感染を逆に拡大させてしまう。

感染後8日目が偽陰性の可能性が最小になる

米国ジョンズ・ホプキンズ大学のLauren M. Kucirka氏らが7つの研究のプール解析を行ったところ、偽陰性率は、発症後3日目(感染後8日目)に最も低くなることがわかった。著者らは、偽陰性の可能性を最小限にするために、検査は発症から3日間待って実施すべきとしている。

以下、こちらを参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました