無症状患者の入院対応など見直し

投稿者: | 2020年8月26日

厚生労働省は新型コロナウイルス感染症について、法令で規定した無症状の患者への対応を見直す検討に入る。

 

現状

現状は無症状患者へも入院措置や勧告が可能となっている。感染者の入院費は公費で補助されることになった。無症状でも他人に感染させることがわかり、対象に加えることになった。

検討事項

無症状感染者は入院ではなく宿泊施設や自宅での療養を原則とする。

見直し派の意見

感染症法の規定が、「無症状者や軽症者の入院」につながっており、医療機関や保健所の負担につながる」との指摘がある。

現状維持派の意見

逆に、医療現場からは「無症状者の隔離がいっそうおろそかになるのではないか」との慎重意見も出ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)