7月5日新型コロナウィルス感染症の状況

投稿者: | 2020年7月5日

本日までの新型コロナウイルス感染症に関する状況を簡単にまとめます。

新型コロナウイルス感染症の発生状況

2020年 7月5日 
国内感染者1万9614人 死亡者977人
海外感染者1114万1020人 死亡者52万7647人

国内

全国

東京都で131人の感染が確認されるなど、全国で新たに274人の感染が確認され、5月25日に緊急事態宣言が解除された後、最も多い人数となりました。

鹿児島県23人(多くは「NEWおだまLee男爵」の利用客)、埼玉県27人、大阪府17人、神奈川8人、千葉15人(6人は松戸市にある「北原学院歯科衛生専門学校」の女子学生)

京都市は先月市内の飲食店で開かれた小規模のパーティーで新型コロナウイルスの集団感染=クラスターが発生したと発表しました。これまでに男女12人の感染が確認。二次会が開かれたバーの従業員2人の感染も確認。

東京都「不要不急の他県への移動は控えて」

東京都は、都内で新たに131人が新型コロナウイルスに感染。131人のうち20代と30代は、合わせて98人で、全体のおよそ75%。131人のうち、85人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、46人は今のところ感染経路がわかっていません。

131人のうち62人は、ホストクラブやキャバクラ店など近い距離での接客を伴い夜間、営業する飲食店の関係者で、このうち新宿エリアが52人、池袋エリアが2人。

武蔵野市内の幼稚園で3人の感染が確認され、この幼稚園ではこれで園児と職員合わせて5人の感染が確認されたということです。

都知事の映像を見るとずいぶんやつれて心休まる時がない感じがする。

海外

新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間の5日午前3時の時点で世界全体で1114万1020人となっています。また、亡くなった人は52万7647人となっています。

・韓国63人。

医療

ワクチン開発の不安材料

「新型コロナの抗体は2~3か月経つと急激に減少する」
英医学誌『ネイチャー・メディシン』に中国・重慶医科大学などの研究チームによる論文が掲載された。

この報告によるとワクチンは不可能である可能性が生まれました。

また、1年足らずで作られたワクチンは、その有効性や安全性が充分に検証できていません。

ワクチンよりも現時点で有効なのは「新しい生活様式」を実践し、感染しないことです。

(HIV)治療剤は、新型コロナの治療に効果がない

世界保健機関(WHO)がマラリア治療剤のクロロクキンとヒト免疫不全ウイルス(HIV)治療剤リトナビルは、新型コロナの治療に効果がないという結論を下し、実験を中断したと明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)